ウー ワールド
Hitachi



Wooo K09シリーズ のソフトウェア改善に関するお知らせ

この度、下記内容にて、ソフトウェアダウンロード、アップデートサービスを実施しますのでご案内いたします。下記手順にてソフトウェアのダウンロード、アップデートを行っていただきますようお願い申し上げます。

アップデートによる改善項目および対象機種は以下の通りです。

改善項目および対象機種

K09シリーズ

  • L32-K09、L26-K09、L22-K09、L19-K09

改善項目

  • Wooonetトップメニューデザインを変更しました。

告知ページURL

http://www.hitachi-ls.co.jp/support/wooonet/20161104/

放送ダウンロードサービス実施

Wooo K09シリーズは、放送によるソフトウェアのダウンロードサービスに対応しています。 下記の内容で、ソフトウェアのダウンロードサービスを実施しますことを、ご案内いたします。

【ダウンロード実施期間】 2017年2月27日(月)〜2017年3月5日(日)

  
  • BSデジタル放送 : 送信回数 1回/日
  • 地上デジタル放送: 送信回数 1回/日(NHK総合にて)

*  日や週により、送信回数が変わる場合があります。

ダウンロード、アップデート手順

BSデジタル放送と地上デジタル放送の2波でダウンロードを実施いたします。

  1. BSデジタル放送、地上デジタル放送のいずれかが確実に受信できていることをご確認ください。
  2. 受信設定の「ソフトウェア更新」の項目が「自動」または「する」になっていることをご確認ください。

    ※ 確認方法:リモコンの「メニュー」→「各種設定」→「初期設定」→「受信設定」→画面で「ソフトウェア更新」の項目が「自動」または「する」になっていることを確認してください。(工場出荷時は「自動」に設定されています)。

  3. 放送が正しく受信されているのを確認するために、BSデジタル放送のいずれかのチャンネルもしくは地上デジタル放送のNHK総合を10分間受信、視聴してください。
  4. 放送視聴中またはリモコンで電源を切り、スタンバイ状態(スタンバイ/受像ランプ:赤色)の時に、ダウンロードは自動的に実施されます。

* 電源オフまたはオン状態の時に自動的にダウンロードを行いますが、下記の条件の時はダウンロードを中断しますのでご注意願います。

【オン状態でのダウンロード中断の条件】

  1. 録画系(予約録画、一発録画)操作中
  2. ダビング(USB HDD/カセット HDD/DLNA)動作中
  3. 初期設定⇒受信設定(地上デジタル)メニュー表示中
  4. 初期設定⇒受信設定(BS・CS)メニュー表示中
  5. サービス調整・デジタルメンテナンス画面操作中
  6. 裏番組チェック中
  7. ネットキーでブラウザ表示した時
  8. AVネットワーク画面を開いた時

ダウンロード実施後に電源を「入」にすると、自動的にダウンロードをしたデータのアップデートが完了します。放送視聴中にダウンロード実施された場合は、電源を「切」⇒「入」にすると、自動的にダウンロードをしたデータのアップデートが完了します。

* ご使用にならないときはスタンバイ状態にしていただくことをお勧めします。

※ K09シリーズはテレビ本体にハードディスクは内蔵していません。録画をする場合には、USBハードディスク(別売)またはiVDRアダプター(別売)で接続したカセットHDD「iVDR-S(別売)」が必要となります。

アップデートが正常に行われたか、確認方法はこちら

Wooo K09シリーズの確認方法はこちら

【ご注意】

  • ダウンロードやアップデートには数分時間がかかります。
  • 電源コードを抜いている時には、 ダウンロード、アップデートできません。

お問い合わせ先

  • ダウンロード、アップデートの方法についてのご相談は下記弊社お客様相談センターにお願いいたします。
  • 地上/BSのデジタル放送を受信されていない等で放送ダウンロードが出来ないお客様につきましては、サービスセンターよりアップデートにお伺いいたします。お手数ですが、日立家電エコーセンターまで、ご連絡をお願いいたします。